Potential Creative
Happiness

コーチ、コンサル、カウンセラー、ヒーラー、先生業

フリーランスとしての働き方

最近は、オンライン化が進み、リアルでおこなっていたものがオンラインへシフトしています。例えば、教室やセミナー会場でおこなっていた方であれば、ZoomやSkype、Google Meet、Chatworkを使うことで、会議やコミュニケーションは取れます。

これによって、今まで借りていた場所代がゼロになり、年間の経費削減になります。首都圏であれば、1日、5万円~10万円程かかっていたものが、ゼロ円。つまり1ヶ月あたり、多い時は300万円が浮きます。

オンライン業務へシフト

オンライン化するに当たり、単におこなうのではなく、仕事の質、対象とするお客さん、提供するサービスを変えることで、大きな成果を生み出すことができます。

icon01-free-img

コンセプト設計

フリーランス活動をおこなう上で、重要なのは、誰に対し、どんなサービスを提供するのか?そして、相手にとってどう価値があるのかを決めます。

icon02-free-img

商品設計

商品設計は、自分が提供する付加価値、相手にとっての価値によって価格が変わります。そのためにも、相手の悩みに寄り添ったものが求められます。

icon03-free-img

集客デザイン

集客媒体は、SNS(Instagram、Twitter、Youtube、Facebook、ブログ、Amazon、スキルシェア、LINE)などから選定していきます。

オンラインで働く

オンラインで働くことで、場所を問わず、全国どこでも、海外にいても、ネット環境がつながる場所であれば、いつでも作業ができます。それによって、自分の時間の使い方、どのようにすれば、時間を有効活用できるのか?フリーランスは、常に時間と労力の使い方が求められます。